バリ島 旅行記

ゴアガジャ遺跡は迫力満点!

スポンサードリンク

 

ゴアガジャ遺跡

 

さぁやって参りましたゴアガジャ遺跡。

 

ウブドからは近くていいんですが、ヌサドゥア地区からはけっこう遠いです。

 

ラフティングのせいもあって、わたしもヨメもハーフパンツというラフな格好だったんですが、入口のところでサルン(腰布)を渡されまして、やはりこういうのを腰に巻いてないとダメみたいです。

 

ゴアガジャ遺跡は『象の洞窟』という意味を持つ寺院らしいです。

 

もっとも特徴的なのは洞窟の入口の大きな顔のレリーフ。

 

超インパクトあります。

 

あと6人の女神ウィジャダリの彫刻が施された沐浴場があります。

 

 

ゴアガジャ遺跡

 

入口すぐ脇においてある謎の石。

 

石を積み重ねて作ったもののようですが、ガイドに「コレ何?」って聞くのを忘れたため、 謎のままです。

 

 

ゴアガジャ遺跡

 

これが女神ウィジャダリの彫刻が施された沐浴場です。

 

女神は左右に3人ずついて、合計6人います。

 

 

ゴアガジャ遺跡

 

コイツが洞窟の入口の顔面レリーフ。

 

芸術は爆発だと言わんばかりのアピールっぷり。

 

一度見たらまず忘れないだろうというくらい衝撃を受けますね。

 

しかもコイツの口の中(洞窟)に入るだなんて。

 

まんま食べられてしまうような感覚です。

 

 

ゴアガジャ遺跡

 

洞窟の中にはこういう祭壇のようなものが3つくらいあります。

 

人の顔をした洞窟の入口から勝手に中は人間の体内のように広いのかと想像していましたが、そんなことはなく、それほど広くはありませんでした。

 

 

ゴアガジャ遺跡

 

洞窟と沐浴場の裏手には寺院があります。

 

そのさらに裏にはまたこんなのがありました。
こういうのって何て言うんですかね。
間近で見るとわかるんですが、実はすごくキレイな細工が施してあります。

 

 

ゴアガジャ遺跡

 

さきほどのさらに裏にあるものの写真。
これも何て言えばいいんでしょうか。
すごく神聖なものらしく、隔離されておりました。

 

本日は最終日で一度ホテルに帰って準備などをしなくてはいけないため、 見たいところを見た時点で観光終了。

 

急いで見たけど、ゴアガジャ遺跡は素晴らしかった!

 

でもタイトスケジュールは悲しいですね。

 


スポンサードリンク

 

前へバリ島旅行記TOP次へ