バリ島 旅行記

観光なのに朝からスコールて

スポンサードリンク

 

モーニングスコール

 

旅行5日目。最終日でございます。

 

いい加減朝食のバイキングも限界に近いというところですが、今日で最終日ということを考えると 何やらもっと食べたい気分になってくるから不思議です。

 

今日はオムレツも焼いてもらったのですが、ここのオムレツは自分で具のトッピングもオーダーします。

 

中にチーズをたっぷり入れてもらったのでトロトロでございますよ。

 

あと、ここの朝食バイキングは最初にドリンクを何にするか聞かれるのですが、バリコーヒーかバリ紅茶の2択なんですけど、どっちも美味しいですよ。

 

食べ飽きた味をかみ締めながら、今日も腹いっぱい朝食をいただきました。

 

 

モーニングスコール

 

今日は朝から雨です。

 

さすが南国の雨は強さが違います。

 

これがスコールってやつなんでしょうか。

 

まだ完全に雨季が終わっていませんが、そのわりにはバリに来てはじめての雨。

 

降水量もだいぶ減っていたのでしょうね。

 

 

そしてスコール中にも関わらず、バイクで移動するバリ島のみなさん。

 

バリでは車よりもバイクが一般的な移動手段のようで、電車なんか通っていないものですから、 どこに行くにもバイクが普通。

 

バイクと言っても大型はおろか、中型以下の排気量の少ないバイクや原付がほとんどです。

 

バリに来て感動したことのひとつにこのバイクがあげられます。

 

いや日本だってちょっと大きめのスクーターで2人乗りくらいは見かけるじゃないですか。

 

でもバリは違う。

 

そのスクーターが唯一の移動手段であり、車の代わりなわけで、 どこかに行くなら家族全員がそれで移動しないといけないわけです。

 

その必然から生まれるスクーターの5人乗り(5人家族の場合)

 

いやね。そんなの危ないとかいうレベルじゃなくて、 もはやあの技術は芸術ですよ。
家族全員がスクーターに乗るという奇跡。
3人乗りくらいは普通。家族構成次第で5人だって乗れてしまう。
さらには荷物まで積んでいたりしますからね。
スクーターの可能性を見た気がします。

 

 

モーニングスコール

 

本日のパッケージツアーはアユン川でのラフティングと ウブドでのお買い物です。

 

ラフティングも初体験ですのでドキドキです。

 

例によってヌサドゥア地区は移動に時間がかかりますが、 最終日ともなると移動中に見る景色すらも見逃すまいという意識が生まれてきます。

 


スポンサードリンク

 

前へバリ島旅行記TOP次へ