バリ島 旅行記

ブサキ寺院を観光しよう!

スポンサードリンク

 

メリアバリのあるヌサドゥア地区から車を走らせること3時間弱。

 

てか長ぇよ!マジで!てか遠すぎ!

 

これはバリだからいいとかそんなん関係なくてですね。

 

考えてみても下さいよ。

 

日本で3時間車で走ったらどこまでいけるかって話ですよ。

 

東京からだったら関東脱出くらい簡単にできる時間です。

 

いきなり文句言いまくりですけどね。

 

バリで時間を有効に活用したい方は本当に気をつけたほうがいいです。

 

ヌサドゥア地区は観光には不便であることを痛感しました。

 

まぁその分キレイだし安全っぽいし、それはそれでいいんですが。

 

 

ブサキ寺院

 

さて、ブーブー文句言ってる間にブサキ寺院に到着。

 

 

イヤッホーーー!!!(イヤなこと全部忘れた顔で)

 

 

ブサキ寺院最高!バリ最高!天気最高! 

 

長いこと乗せられた車を降りた瞬間からわたしのテンションはMAXへ。

 

ツアーガイドがビビってるくらいですからね。フン、日本人ナメんなよ。

 

一発目に観光に来たこのブサキ寺院ですが、ここはバリのヒンドゥー教の総本山と言われ、 『母なる寺院』として崇拝されるバリ島で最大の寺院です。

 

大小さまざまな寺院がある複合寺院で、さまざまな神が祀られています。

 

あとバリのヒンドゥー教の寺院はどこもそうなんですけど、 宗教的に肌を出すファッションが認められていません。

 

ウチのヨメは余裕でハーフパンツだったんですが、腰布を巻くようにと指示されて 渡されていました。
肌を出すと言っても下半身だけのようで、上半身はTシャツとかでも問題ないようです。

 

ちなみに我々が行った日はニュピの日が近かったので、そのお祈りのために なにやら準備を皆さん行っておりました。

 

後ろに見える山はアグン山

 

 

ブサキ寺院

 

これはブサキ寺院の中心的寺院プラタナン・アグン寺院に直結している階段です。

 

この階段は信者以外は使ってはいけないそうで、下から見上げるだけでした。

 

てか手摺とかなくて超怖そう。

 

 

ブサキ寺院

 

基本的に黒っぽい建物が多いですね。
材料に玄武岩を使われているからだそうです。

 

 

ブサキ寺院

 

この何重にもなっている建物の高さには意味があるそうで、 何階建てだと、何の神様とか決まっているそうです。

 

シヴァとかどっかで聞いたような神様の名前を言ってましたけど、 あんまりよく覚えていません。

 

 

ブサキ寺院

 

外人さんが記念撮影していたカワイコちゃんをわたしも激写。

 

このくらいの小さな子たちもお手伝いをしています。働き者ですね。

 

 

ブサキ寺院

 

ブサキ寺院の一番高いところからの景色を撮影。

 

雲の位置からわかると思いますが、わたしが立っているこの場所がすでに かなり標高の高いところにあります。
つまりブサキ寺院は超山奥というか山の上。

 

車の移動中寝てたからよく覚えてないけど、そりゃ遠いわなって感じです。

 

しかし景色は絶景!感動でございます!

 

 

ブサキ寺院

 

この標高の高い場所にも露店がありまして、民芸品やらジュースやら売っています。

 

ガイドさんにジュースを貰って飲みましたが、この景色いいとこで飲むジュースは 格別であります。

 

民芸品は絵が多く、こんな感じのものですね。

 

この絵超上手いッスね〜誰が書いたんですか〜?とか聞いたら店員に『俺だよ』って 言われました。

 

や、やるじゃねぇか。

 


スポンサードリンク

 

前へバリ島旅行記TOP次へ