バリ島 旅行記

旅行中にトラブルにあったらどうするか

ツアー中のトラブル

 

十分に気をつけていたとしても何らかのトラブルが起こってしまうこともあると思います。

 

しかしそこは落ち着いて、冷静に対応しなくてはいけません。
もちろん未然に防ぐための措置はしておくべきですが、起こってしまった後でも迅速に対応しなくてはなりませんよね。

 

まず、一番避けたい被害というのはパスポートをなくすということ。

 

パスポートは外国における自分自身の証明なわけですから、最大限の注意をすべきですね。
万が一なくしたり、盗難の被害にあってしまったらどうするべきか。

 

まずは警察に届けましょう。
警察署ではパスポート再発給に必要な『紛失または盗難証明書』を作成してもらえます。
これを受け取ったら現地の日本大使館、もしくは総領事館にて再発給申請を行います。

 

このとき紛失したパスポートとは別に旅券番号・発行地・発行年月日をメモなどして覚えておくと、それを伝えることで手続きが早くなるそうです。

 

この手続きを踏んだ再発行では1〜2週間かかるそうなので、急いで帰国しなくてはならないときは 『帰国のための渡航書』というものを発行してもらいます。
この渡航書は帰国すると失効するものらしいので注意です。

 

パスポートをなくすというのは一番避けたい状態ですが、ほかにも航空券やクレジットカードをなくすことも あるかもしれません。

 

航空券の場合は、まず航空会社に連絡をして自分が乗るはずだった便の航空券を無効にしてもらいます。
これは不正利用されるのを防ぐためですね。
そして、パスポートのときと同じように警察に届けて、『紛失または盗難証明書』を作成してもらいます。
それを使って航空会社にて航空券の再発行手続きを踏むことになります。

 

クレジットカードも基本的には同じですね。
カード会社へ連絡して、警察に届けて、再発行という感じでしょうか。

 

なくしてしまうとパニックになるかもしれませんが、そんなときこそ落ち着いて対応しましょう。

 


スポンサードリンク