バリ島 旅行記

空港利用時の注意

空港利用時の注意

 

バリ島の入口となるングラ・ライ空港ですが、こちらの利用に関してはいくつか注意があります。

 

まずは入国の際、飛行機が空港に到着したら『ARRIVAL』の表示に従って進み、ビザを発給してもらいますが、 そのとき必要となるのはパスポートとビザ代のみです。

 

1〜7日の短期であればUS10$、8〜30日の長期であればUS25$が必要となります。

 

ビザ発給カウンターでは、ドルを持っていなくても日本円を使うこともできますが、おつりはルピアになりますし、 できれば出発前に成田空港にて必要なドルを両替しておくと良いでしょう。

 

ちなみに出国の際には空港利用税として、10万ルピアが必要となりますのでそれも忘れずに用意しておかなければなりません。

 

長期滞在者が出国の場合には、さらに出国税として100万ルピアも必要となりますので要注意です。

 

また出入国に関しては、ビジネス目的での入国の場合には何らかの要求をしてくる審査官がいたり、出国時に出国カードを隠して罰金を要求してくる審査官がいたりするようなのでこちらも注意が必要です。

 

入国審査を終えて、次に行うのは税関検査ですね。
こちらでトラブルが起こるケースは少ないようですが、問題はロビーに出てから遭遇するポーターたちです。

 

外国の空港ではよくある話ですが、勝手に荷物を運んで不当な料金を請求してくる人たちをポーターと言います。

 

ポーターから身を守るにはとにかく荷物を彼らに渡さないということしかありません。

 

執拗に話しかけてきたり、勝手に荷物を持っていこうとしますが、徹底して無視して荷物を守りましょう。

 

ポーターゾーンを抜けると両替カウンターが出口付近に並んでありまして、『両替してくださーい』なんて 本当に両替所なのか?と疑いたくなる声を上げて待ち構えております(笑)

 

とりあえずは小額の金額を両替しておくと便利ですので、1万円くらいは両替しておくと良いかもしれません。
ホテルの迎えの車が来ていて、ホテルや銀行で両替をするという人はここも無視して通り抜けましょう。

 


スポンサードリンク